アルバイトで稼ぐ

ASBeeのバイトの仕事内容とは?元アスビー店員が解説します

・ASBeeのバイトってどんなことするの?

・アスビーのバイトしたいんだけど詳しく知りたい

こんな悩みを解決していきます。

ASBeeももちろんそうですが、靴屋はそもそもアルバイトの求人がそれほど多くないので、バイトの評判や口コミが少ないです。

そこでASBeeで1年半バイトした私が、ASBeeのバイトの業務内容や細かいところまで詳しく解説していきます。

本記事では、ASBeeのバイトの業務や仕事の流れ、実際楽かどうかについて知ることができます。

✔記事の内容

・ASBeeのバイトの基本情報とは
・ASBeeのバイトの仕事内容とは
・ASBeeのバイトの流れとは
・ASBeeのバイトをしてみた感想
・ASBeeのバイトは実際楽なのか

✔記事の信頼性

ASBeeで1年半バイトしていた元アスビー店員が解説します

ASBeeのバイトの基本情報とは

私が働いてた店舗のASBeeの基本情報は以下の通りにまとめました。

給料 時給1000円(当時の最低賃金が985円)
シフト 固定シフトではない、1か月ごとに提出する
休憩 最大1時間半(お店によります)
服装 店から支給された赤いポロシャツ
ASBeeで購入した靴のみ使用可能
装飾品 男性、女性によって異なる
髪の色 暗めの色ならOK

順に解説していきます。

給料や交通費、有給について

給料や交通費に関しては、地域でそれぞれ違うので、求人サイトを見たほうが詳しく記載されています。

有給に関しては記載がないためまとめてみました。

・勤務開始から半年たてば取得可能

・有給がもらえる日数は勤務時間に比例する

・アルバイトはやめる時に一気に消化するパターンが多い

有給でもらえる日数ですが、勤務時間に比例するため、働いてから半年経過してももらえないパターンもあります。

私は毎月70~110時間ほど働いていましたので、辞めるときは4万円分くらいになっていました。

4時間で契約していたので、約10日分の有給ということになります。

シフトについて

シフトは、早番、遅番、中番、通しに分けることができます。

早番、遅番、中番、通し?

時間帯は各店舗で違いますが、基本的には呼び方は同じだと思います。

早番 開店から夜まで(9:30~18:00)
遅番 昼頃から閉店まで(12:00~21:00)
中番 午後から夜まで(14:00~19:00)
通し 開店から閉店まで(10:00~21:00)

()内は私が実際に働いていたお店の時間になります。

私のお店の閉店は21時でしたが、22時閉店のお店もありますので、お店次第で時間は変わってきます。

しかし細かい時間は違えど、各シフトの役割は大体ですが決まっています。

・早番は、店を開けること、レジを開ける役割

・遅番は、店を閉めること、レジを閉める役割

・中番は、早番や遅番の人数が足りないときのみシフトに入る役割

・通しは、開店から閉店までの全部を行う役割

基本的にはASBeeのシフトはこのような役割に分けられます。

わからない人
わからない人
えーじゃあそれ以外は勤務できないの?

といった方も大丈夫ですのでご安心ください。

学生は、土日以外は学校があることがほとんどですので、夕方からのシフトにもできます。

私の場合、平日は17時から21時の閉店まで勤務し、土日に早番や遅番で勤務するといった形をとっていました。

このように平日と土日をうまく使い分ければ、自分の入りたいようにシフトを組むことができます。

休憩について

休憩はお店によって違いますし、求人サイトにも書かれていないことが多いので確認しておきましょう。

私のお店では、6時間以上働く場合、60分休憩と30分休憩あわせて90分の休憩がありました。

それ以下の場合は休憩をとることも可能ですが、取らずに働いていた場合がほとんどでした。

また、他のお店では45分休憩と15分休憩あわせて60分といった場合もありますので、本当にお店によって変化します。

服装や靴について

服装と靴については規定があります。

・服装はASBeeから支給される赤いポロシャツを着る

・ASBeeから支給された赤いポロシャツは辞めるときに返却

・靴はASBeeで取り扱っているもののみ使用可能

靴は、ASBeeで販売されているもの、取り扱っているもののみ履くことができます。

その他の靴は履けないってこと?

といったことになってしまうのですが、実際は他社の靴も黙認だそうです。

これもお店や店長さんによって違う部分がありますので、参考程度にしてください。

装飾品や頭髪の色について

装飾品や頭髪の色は、男性、女性によって少し異なります。

・男性は装飾品NG、女性はおしゃれ程度

・頭髪は、男性女性共に暗めな色ならOK

装飾品については、バイト中はしなければ問題はありません。

特にブレスレットをしていると、靴の箱などでこすれて傷ついてしまうことがあるそうです。

頭髪については、暗めの色だったら特に問題はありませんでした。

ASBeeのバイトの仕事内容とは

ASBeeのバイトの仕事内容は大きく以下の通りに分けることができます。

・レジ打ちなどのレジ関係

・声かけなどの接客

・靴の整理、品出しの作業

・鏡拭きやモップ掛けなどの清掃

ちなみにですが、アスビーだけでなく、今バイトしている靴のチヨダでも仕事内容はほとんど同じですので、靴屋の仕事内容はどこも変わりません。

それでは1つずつ解説していきます。

レジ打ちなどのレジ関係

レジ関係とは主にレジ開け、レジ閉め、レジ打ちの作業のことを指します。

レジ打ちは会計をする際に通常行っているレジの作業のことをいいます。

開店時に金庫からお金をレジに移したり、閉店時に金庫にお金を戻すことを、レジ開けとレジ閉めと呼びます。

このようなレジ作業は毎日必ずやる作業ですので、慣れると簡単にできるようになります。

声かけなどの接客

接客は主に以下のような流れでやっていきます。

1.お客さんに声かけをする

2.お客さんが要望したサイズの靴を探す

3.お客さんに靴を履かせてみて、足に合っているか確認する

最初のお客さんへの声かけですが、もちろん声をかけられる場合も多くあります。

お客さんの足に合っているか確認することを「フィッティング」と呼びますが、実践していくうちにだんだん理解できるようになります。

靴の知識ももちろん必要ですが、フィッティングの知識も接客では必要になってきます。

靴の整理、品出しの作業

靴の作業は、整理と品出しの2つに分けることができます。

・整理とは、靴の向きを揃えたり、紐を直したりすること

・品出しとは、倉庫などから送られてきた靴をお店に並べること

靴の整理は、お客さんがいないときなど時間があるときに行うことが多く、閉店前は靴を整理する作業が多くなります。

靴の品出しは、お店で売れてなくなった靴を補充するために来たものを陳列していく作業です。

在庫を詰めたりもするので、靴の種類だけでなく在庫の場所も一緒に覚えることができます。

鏡拭きやモップ掛けなどの清掃

私のお店では、開店前にモップ掛けをし、閉店前に鏡を拭いていました。

お客さんがおらず、時間があるときは、はたきがけして埃を取ったりします。

売り場を大きく変えるなど特別なとき以外は、鏡拭き、モップ掛け、はたきがけぐらいしか行いませんでした。

ASBeeのバイトの流れとは

ASBeeのバイトの流れを以下のように区別して説明していきます。

・ASBeeのバイトの流れ 【開店(10時)~12時】

・ASBeeのバイトの流れ 【12時~17時】

・ASBeeのバイトの流れ 【17時~閉店(21時)】

順に解説していきます。

ASBeeのバイトの流れ [開店(10時)~12時]

まずは店を開けるための開店作業を行います。

・レジを開けをする

・鏡を拭くなどの清掃をする

・看板やワゴンなどを店頭に出す

開店し、お客さんが入ってきたら接客をしていきます。

また、倉庫などから靴が送られてきた場合は、靴の品出しもこの時間帯に行っていきます。

ASBeeのバイトの流れ 【12時~17時】

12時からはお客さんも多くなってくるので、ほとんど接客になります。

特に土日のこの時間帯は家族連れなどで混むため、接客と靴の整理を繰り返し行います。

ASBeeのバイトの流れ 【17時~閉店(21時)】

17時過ぎると、お客さんの数も落ち着いてくるため、靴の整理をメインに行っていきます。

そして、閉店1時間前くらいになると、閉店作業を始めていきます。

・モップ掛けなどの清掃をする

・店頭のワゴンなどを店内に入れる

・レジ閉めをする

開店作業の逆をやるようなイメージですね。

レジ閉めがすべて終われば、1日の仕事が完了になります。

ASBeeのバイトをしてみた感想

ASBeeのバイトをしてみた感想をメリット、デメリットにわけて紹介していきます。

ASBeeのバイトをするメリット

・接客があるので適度にしゃがむことができる

・レジ打ちがとても簡単にできる

接客をするとき、店員はしゃがみながら行うことがほとんどです。

長時間立ちっぱなしではなく、しゃがめる時間があるので適度に足を休めることができます。

また、1足だけ買うお客さんが多いので、レジ打ちが簡単なことも大きな特徴です。

レジでミスすることやお客さんを長時間待たせてしまい、戸惑ってしまうことはほとんどありません。

ASBeeのバイトをするデメリット

ASBeeでバイトするデメリットはやはり接客が嫌いだと続けられないことでしょう。

仕事内容は多くありますが、どの時間帯でも接客は必ず行います。

メインの接客を避けては通れないため、接客が嫌いでは続けることは難しいです。

ASBeeのバイトは実際楽なのか

結論から言って、ASBeeのバイトは忙しい店舗でなければ楽です。

渋谷や新宿などの都心の忙しい店舗の場合は、休み暇がないとよく言われていました。(私の店舗は暇でした)

そういった繁盛店でなければASBeeのバイトは楽だと言えます。

ASBee店員の私が、ASBeeのバイトが楽だと思う理由は2つあります。

・適度の暇な時間があるから

・接客が好きで楽しいから

それでは1つずつ解説していきます。

適度に暇な時間がある

適度に暇な時間があるので、精神的につらくありません。

靴業界はABCマートが独占しているため、お客さんの多くがABCマートに流れます。

・同時に5人のお客さんを接客する

・レジから離れられない

・忙しくて休憩が取れない

といったようなことはないので、適度に暇な時間を作ることができます。

接客が好きで楽しい

やはり1番は、接客が楽しいからこそ苦痛に感じない、楽に感じると思います。

ASBeeだけでなく、靴屋はお客さんが一人で靴を選んでくれるのは半分くらいで、もう半分は、接客をして靴を選んでくれますね。

バイトの場合、発注などの難しい業務流行らないことが多く、接客をしている時間がほとんど。

ほとんどの時間行う接客が好きだと、ASBeeのバイトは楽に感じると思います。

まとめ ASBeeのバイトは接客がメインの仕事

ASBeeのバイトは、接客がメインの仕事です。

また、細かいことはお店によって違いますので参考程度に考えてもらえたらと思います。

お店に行くことで仕事内容だけでなく、雰囲気も知ることができるので1度は行ってみることをおすすめします。

アスビーの面接を受けようと思っている方はこちらの記事を読んでおくと役に立ちます。

靴屋のバイトの面接で聞かれる3つの質問【志望動機のテンプレあり】靴屋のバイトの面接で聞かれる質問を知っていますか?本記事では、靴屋の面接で質問されること、志望動機の作り方、面接時の服装や注意点を解説していきます。靴屋の面接対策で悩んでいる靴屋の面接を受ける人は必見です。...

ちなみにですが、バイトの応募をするときに、電話やふつうのバイトサイトで申し込むのは、1万円損していると同じことです。

「マッハバイト」ならばバイトに採用されると全員にもれなく最大で1万円の祝い金を貰うことができます。

マッハバイトで1万円の祝い金をもらう方法はこちらの記事で解説しています。

https://takashisite.com/mach-part-time-job/

ちなみに